手技研修会 2018.11.29

第12回 腹腔鏡下手術手技研修会

 

今回で12回目となる「IMSグループ 腹腔鏡下手術手技研修会(通称:T-SCOPES)」が1124日(土)、25日(日)に日本メドトロニック品川本社と川崎市のメドトロニック イノベーションセンターにて開催されました。

 

 

 

初日は日本メドトロニック品川本社内の会議室にて、今回特別講師としてお招きした「がん・感染症センター都立駒込病院 胃外科部長 長晴彦先生」が、「内視鏡外科学会技術認定(胃)取得に向けて」との演題でご講義いただきました。

 

 

その後は、当グループ内で技術認定医取得を目指す医師のビデオクリニックを行いました。技術認定医を多く輩出している施設の先生から直接指導を頂けるということで技術認定医を目指す先生にとっては非常に有意義な時間になったと思います。

 

 

 

 

 

また2日目はラボ室にてウェットトレーニングを行いました。テーブルごとに練習をはじめ、術者と助手など役割を変えて、研修に取り組んでいました。2日目は午前と午後の計6時間の講習でした。

 

 

この研修では、医師から医師への技術教育目的や診療科としてのグループ横断的な取り組みを通じてIMSグループとして技術認定医を輩出することを目的に開催しております。

 

 

IMSグループではこのような研修会を定期的に開催しております。

 

 

 

ご興味のある先生は医師人事部までお問い合わせください。

 

 

 

特別講師:長晴彦先生(がん・感染症センター都立駒込病院)

講師:黒崎哲也先生(板橋中央総合病院)

   松尾亮太先生(新松戸中央総合病院)

   多賀谷信美先生(板橋中央総合病院)

MORE >